鳥類
  • 鳥網
  • フラミンゴ目
  • フラミンゴ科

ベニイロフラミンゴ

8
学名:Phoenicopterus ruber
英名:American Flamingo
動物一覧に戻る
ベニイロフラミンゴ
ベニイロフラミンゴ
ベニイロフラミンゴ

ベニイロフラミンゴの生態

生息地 ガラパゴス諸島やコロンビヤ沿岸、カリブ海北部やフロリダ半島などの北アメリカの温暖な地域
体長/体重 全長1.2~1.5㎜/2.5~3.5(最大4㎏ほど)
寿命(野生下/飼育下) 野生下最長33年 飼育下40~50年ほど
特徴 チリ―フラミンゴやヨーロッパフラミンゴよりも濃い紅い色をしいるが、羽(風切り羽)では少し赤色が薄い箇所もある。またチリーフラミンゴよりもひと回り大きな体をしている。ヨーロッパフラミンゴと合わせてオオフラミンゴと呼ばれることもあるが、現在は独立した種として分類される。
生態について 水中や水底にいる昆虫や小さな甲殻類、藻類、藍藻類、植物片などを食べている。フラミンゴの体色は藍藻類や甲殻類などに含まれるカロチノイド系色素が由来になっている。繁殖期には、数千の集団で首振りや羽を広げるなどの求愛ディスプレイを行うこともある。円錐をつぶしたような巣に卵を産む。この巣は砂や泥を、フラミンゴが嘴を器用に集めて作る。
池田動物園で与えている食べ物 フラミンゴ用ペレット
野生下での食べ物 水中の藍藻類や小さな昆虫類、植物片など多様なものを食べる

池田動物園 飼育員からのメッセージ

飼育員

当園のフラミンゴたちのなかでは、もっとも大きく、色鮮やかなフラミンゴです。ショウジョウトキの大人と勘違いされる来園者の方もおりますが、れっきとしたフラミンゴです。その体の大きさと色をぜひご覧ください!

池田動物園のベニイロフラミンゴに会えるイベント

池田動物園は楽しいイベントを開催しています

池田動物園のベニイロフラミンゴに関する活動報告