哺乳類
  • 哺乳綱
  • ネズミ目(齧歯目)
  • リス科

プレーリードッグ

63
学名:Cynomys ludovicianus
英名:prairie dog
動物一覧に戻る
プレーリードッグ
プレーリードッグ
プレーリードッグ
プレーリードッグ

プレーリードッグの生態

生息地 北米原産で、草原地帯(プレーリー)に穴を掘って巣穴をつくり、群れで生活する。毛色はおおむね淡い茶色。
体長/体重 体長30-40cmほど 体重1~2㎏
寿命(野生下/飼育下) 野生下3 - 5年 飼育下 6 - 10年ほど
特徴 プレーリードッグは「プレーリー(草原)」に生息している、危険が迫るとイヌ(ドッグ)のような甲高い声で「キャンキャン」と鳴く動物です。そのため“草原に生息しているイヌのような(鳴き声の)動物”、というところから草原のイヌ「プレーリードッグ」という名前がつけられたそうです。
生態について 雄1匹に対して雌数匹という一夫多妻制で「コテリー」と呼ばれる家族を形成する
縄張り意識が強く、他のコテリーの雄が進入してきた場合、互いにお尻の臭腺から臭いを出し威嚇し合う
池田動物園で与えている食べ物 根菜類、葉野菜、果物、乾草など
野生下での食べ物 草食で、イネ科の植物を好む

池田動物園 飼育員からのメッセージ

飼育員

池田動物園では、現在1匹しかいないのでなかなか目にすることが難しいですが、短い尻尾をフリフリする可愛らしい姿を見て下さいね

池田動物園のプレーリードッグに会えるイベント

池田動物園は楽しいイベントを開催しています

池田動物園のプレーリードッグに関する活動報告