爬虫類
  • 爬虫綱
  • カメ目
  • イシガメ科

ニホンイシガメ

35
学名:Mauremys japonica
英名:Japanese Pond Turtle
動物一覧に戻る
ニホンイシガメ

ニホンイシガメの生態

生息地 本州、四国、九州と周辺の島
体長/体重 21cm/1000g
寿命(野生下/飼育下) 約40年
特徴 日本固有種(日本だけにいる種)で、甲らが黄土色で後ろの縁がギザギザした切れ込みがあり、尾が長い。幼体は黄褐色でまん丸のため、江戸時代の一文銭のようだということで、古くからゼニガメといわれている。
生態について 水のきれいな川の上流から中流、池や水田などに生息。昼行性で日光浴を好む。近年は水の汚れや河川改修、アカミミガメに住処を奪われるなどの影響を受けて、数が減ってきている。
池田動物園で与えている食べ物 カメ用ペレットなど
野生下での食べ物 昆虫、魚類、両生類、甲殻類、水草、藻、果実や葉など

池田動物園 飼育員からのメッセージ

飼育員

キリン舎とペンギン舎の間の展示スペースでクサガメと一緒に展示しており、時期限定ですが専用のエサをあげることができます。実はマナヅルのいる大禽舎にも1頭だけおりなかなか見つけられないのでもし見つけられたらかなりラッキーです。

池田動物園のニホンイシガメに会えるイベント

池田動物園は楽しいイベントを開催しています

池田動物園のニホンイシガメに関する活動報告